元気通信ライブリー

9月1日更新!あなたのお腹の花畑はどんな花が咲いていますか?

*鹿児島ヤクルト販売(株)CS推進室では、“毎月第1水曜日”に皆さまの健康に役立つ情報を発信しています*


「みなさんのおなかの花畑『腸内フローラ』は、美しく咲いていますか?」

「腸内フローラ」とは、腸内細菌の集まりを花畑に例えた言葉。それぞれのおなかの中には、現在判っているだけで、1000種類・100兆個の腸内細菌たちが存在しています。

ヤクルト1000の発売に伴い、腸内環境を整えることは腸本来のはたらき(消化吸収・排便・免疫)を良くするだけでなく、「ココロの健康」にも大きく影響していることが知られるようになりました。CS推進室が実施している健康講話でも「ココロの健康」を取り入れたものが人気です。とくに、「フラワーアレンジメントで学ぶ脳腸相関」は大好評!DAFA1*の資格を持つ橋本管理栄養士と一緒に、自分だけのBOXフラワーアレンジメント作りに挑戦して頂き、完成したアレンジメントを目で楽しみながら、腸とココロの関係についての講話を聞いていただくコンテンツです。

できあがったアレンジメントはそれぞれ趣が異なり、さながら各自の「腸内フローラ(花畑)」のよう。美しい花を見て心が落ち着くように、おなかの花畑を美しく保つことで心の健康に繋がることを分かりやすく表現しています。そこに「乳酸菌 シロタ株」が関わっていることは、皆さんご存知の通りです。

昨年から続くコロナ禍により体も心も弱りがちな今、おなかの花畑を美しく咲かせて、心も体も健やかな毎日を送りませんか?